shutterstock_235328089-min
出会い系サイトを利用したら、未成年者との出会いも簡単にできるからという理由で、男性が利用しているケースもまだまだ多いです。

こういった方に限らず、出会い系サイトの利用者全般に知ってほしいのが、「青少年保護育成条例」というもの。

ここでは、出会い系サイトをおこなう際に、絶対に理解しておくべき、青少年保護育成条例について紹介していきます。

青少年保護育成条例とは?

青少年保護育成条例は、長野県を除く、都道府県あるいは市町村などの地方公共団体が制定している青少年を保護するための条例です。

未成年者の健全な育成を阻害し得るものに対する規制を目的とした条例です。これはあくまでも「条例」であって、国が定める「法律」ではありません。

更に具体的に言うと、18歳未満の健全育成のため、性行為はもちろん、夜間外出や有害図書、映画、広告物を規制している条例になります。

このように、未成年者の健全な育成を阻害し得る者に対する規制を目的とした、都道府県あるいは市町村が制定したものなのです。

都道府県青少年保護育成条例集(平成20年12月1日現在)

どんなことが禁止されてるの?

shutterstock_51379189-min
禁止されている行為としては、まずは、健全な青少年の育成にとって有害な図書などの販売の規制。R18など映画などの映像作品の規制。

他にも未成年者の夜間外出の禁止や、淫らな行為、つまりは性交渉などが禁止されています。

より細かくいえば、これによって雑誌自販機などの撤廃や、テレクラや性風俗店などの営業時間の制限や、看板などの制限などが掛けられています。

違反するとどんな罰が待っている?

地方公共団体が制定している条例なので、住民税などと同様に、それぞれの都道府県によって、違反した場合の罰は違っています。

罰が重いとされているのは、東京や大阪、岩手や愛媛といった8都府県で、懲役2年以下、または罰金100万円以下という条例の罰則の最高罰を定めています。

たかだか懲役2年か罰金100万円かなんて甘く見ていると、更に痛い目に遭うことになります。

それは児童福祉法に児童に淫行をさせる行為はさせてはならないというものがあり、これにも触れる恐れがあるからです。

これに触れた場合には、10年以下の懲役、または300万円以下の罰金になっていますから、人生が台無しになるのは間違いありません。

未成年には手を出してはダメ!

基本的には出会い系サイト規制法によって、18歳未満の男女は登録することはできないようにはなっています。

しかしながら、知り合い成人の証明書などを借りるなどして、そういった規制の網をかいくぐる少年少女はまだまだ多く存在しているのです。

出会い系サイトを利用するなら、実際に会う前に、必ず年齢確認をしましょう。また、実際に会ってから、相手が未成年の疑いがある場合には、即刻会うのをやめるようにしましょう。

出会い系サイト TOP