shutterstock_305592026-min
出会い系サイトで気になる相手を見つけたら、次は、その相手に送るファーストメール、アプローチメールの段階です。

出会い系サイトで成果をあげるためには、ファーストメールは重要です。

どうしてファーストメールが重要なのかといえば、出会いにおける第一印象を決めるものだからです。

ナンパでも合コンでも、または仕事関係や友人、知人からの紹介でも、第一印象が悪いと、その先の展開は期待できません。

出会い系サイトならば、数多くの異性にアプローチできるチャンスは多いですが、現実社会と同様に、第一印象が悪いと失敗することが多いです。

ですから、第一印象を良くする、失敗しないファーストメール、アプローチメールを送る必要があるのです。

常識的なマナーや言葉遣いを守る

まず最初に、出会い系サイトというインターネット上での出会いにおいても、現実社会におけるマナーや言葉遣いはしっかりとできるようにしましょう。

素性が分かりにくく、匿名性の高い出会い系サイトですから、マナーや言葉遣いを疎かにする人は多いです。しかし、出会い系サイトを通していても、人対人の関係です。

やり取りの期間が浅い段階では、敬語を使うこと。挨拶に始まり、挨拶で終わること。相手のことを気遣った文章にするなど、マナーや言葉遣いを意識した、丁寧な対応を心掛けましょう。

未だに、ネット上でのマナーが悪い人は多いです。しっかりとした対応をすること、それだけで相手に好印象を与えます。

ありきたりではダメ

ファーストメール、アプローチメールは、ありきたりな内容であれば、異性の心を掴むことはできません。

タイトル文にインパクトがあり、メールを開いてみたくなるような工夫をすること。これが重要です。

文章の内容も、「初めまして~」から始まり、自分の人となりと目的をダラダラを書き綴っているようなものはダメです。なぜならば、このような文章は誰だって思い付くからです。また、メール自体が開かれず、相手に読まれない可能性も高いです。

最初のメールは、タイトル文にインパクトを、そして内容はダラダラと長い文章にはせず、短く簡潔にまとめた内容にすること。

それを意識しましょう。

コミュニケーションを取りたいと思わせる

また、いきなり会いたい、プライベートアドレスを聞き出すといったことを求めるのではなく、「この人とならコミュニケーションを取ってもいいかな」という気持ちを相手に抱かせることが大事です。

自分のことを紹介しつつ、相手の情報も聞き出し、さらに、クスっと笑える程度で、相手を楽しませるようなメールを送るように心がけましょう。

最初の段階から慣れ慣れしいのは良くありません。逆に堅苦し過ぎる内容も、良い印象を与えないです。

そして相手のプロフをしっかりと読み、それに合わせた質問や話題を使っていきましょう。

そうすれば返事が返ってくる可能性は高くなります。

出会い系サイト TOP