shutterstock_439672762-min
出会い系サイトには、一般ユーザーには邪魔な「サクラ」という存在がいます。

ここでは、サクラとは一体何者か?という疑問や、サクラになる人というのはどういう人なのか、どういった被害があってその対策はどうするべきなのか、について紹介します。

■出会い系サイトのサクラとは

出会い系サイトのサクラとは、出会いを求める一般ユーザーとは違い、いたずら目的や報酬のために一般ユーザーのフリをして、出会いを求める一般ユーザーの利用ポイントを消費させ、サイトを盛り上げるための存在です。

匿名性の高さが利用できるため、女性ではなく、男性でもサクラとして働くことが可能です。

サクラの男女比は、男性8女性2といった感じです。相手がサクラであれば、いくらやり取りをしても、異性と出会いたいというあなたの目的が叶うことはないでしょう。

■サクラはどんな人がなるの?

サクラになる方の多くは、詐欺集団予備軍と言えるでしょう。

ユーザーを騙し、不当な利益を得るわけですから。罪悪感よりも、仕事感覚、金銭欲が勝っている人間がサクラになることが多いです。

しかし、出会い系サイトのサクラは報酬が悪くないのも事実です。

都内の小さな会社でも、出会い系サイトのサクラとして働けば、時給1200円から1500円はもらえます。
出会い系サイトでやり取りするために、ある程度のタイピングの早さと、ネット検索力。他にも、普通に人とのコミュニケーションを取ることができれば、誰でもサクラになれます。

力仕事でなければ、動き回る仕事でもないので、体力的にもかなり楽です。また、人前に出ることは全く無いので、服装や髪型などが自由ということで、音楽関係や芸能関係など、何かしらの別の目標や目的があり、アルバイト感覚でやる人が多いです。

■出会い系サイトのサクラが起こす被害とは

shutterstock_230627527-min
サクラは甘く見ていると、大変な目に遭ってしまいます。

・サクラの被害について

たかがサクラ、と思っていると本当に酷い目に遭ってしまいます。

出会い系サイトでのサクラによる被害額は、2015年に大阪府警がリサーチしたデータだけでも、なんと総額21億円と発表されました。

通常の利用料を騙し取るだけなら、まだ可愛いものですが、より悪質なサクラは、連絡先交換だけで何十万など請求するところもあり、本当にサクラには注意が必要です。

・典型的なサクラの手口は?

典型的なサクラの手口としては、まず基本的に、サクラ扮するある女性からメールが送られてくる。

「会ってくれたら、エッチなことしたいな」、「処女をもらってほしいな」といったようなエロい内容のメールであって、男性にとっては、おいしい話として誘い出します。

また、男性の利用ポイントが残り少ない場合には、「今から会いたい」といった即会いたいといったメールでアプローチしてくるなど色々です。

しかし、そこで会う約束を取り付けても、会う前日や当日になって「別の重要な予定ができた」とか、「生理が来ちゃって動けない」といった、その場逃れの言い訳をつけて、結局、会うことが出来ません。

サクラの被害は、会えないというだけではなく、何十億単位の被害も出ています。自分だけは引っかからないという思い込みは捨て、サクラに対する意識を常に張っておく必要があります。

■ではサクラを見抜く方法はあるのか。

出会い系サイトでサクラに遭いたくないと思うのは、誰しもが当然に思っていることです。

しかし、サクラ側も手を変え品を変え、ユーザーにアプローチしてきます。サクラということを気付かせずに、アプローチしてきます。

しかし、そんなサクラの見抜く方法が、一部存在しているので、紹介したいと思います。

・一斉にアプローチしていることが多い

サクラの見抜き方として、やり取りを開始する相手のファーストメールには、注目しましょう。サクラがするファーストメールの場合、大量の会員に対してメールを送っていることが多いです。

そこでポイントになるのが、名前に関する部分。

例えば、出会い系サイト内で使う自分の名前が「ゆうたさん」という名前にした場合には、サクラの一斉送信メールでは、送信する相手の名前に対して、自動システムで「くん」や「さん」が付けられるため、「ゆうたさんさん」となったり、「ゆうたさんくん」というように、普通ではありえないメールが送られてくるので判断がしやすいです。

・やり取りの辻褄が合わなかったりする場合も…

また、やり取りをしている最中に、急に話が噛み合わなくなったり、辻褄が合わない、矛盾が起きているなどを感じたら、相手はサクラの可能性が高いです。

なぜそうなるのかというと、コンピュータシステムでやり取りしている場合もあるサクラなので、どうしてもおかしくなってしまうものです。

また、人が直接やっている場合でも、サクラは24時間体制で、複数の人が協力してやっていることも多いので、一日違うだけで全然違う人とやり取りしていることもあります。

だから、話が上手く伝わっておらず、辻褄が合わなかったり、矛盾が生じたりするのです。そういった点から判断できるのです。

・ちょっとでも疑わしいなら無視

ここで紹介しているのは、ほんの一部です。サクラの手口は日々進化、日々増加しているので、一般ユーザーとはいたちごっこの様相を呈してきています。

そういった相手に遭遇しないためには、少しでも違和感があるなと思った場合には、すぐに無視するようにするか、ブロックしましょう。

■サクラに対する事前対策、事後対策とは

shutterstock_236256928-min
やはり、どんなに注意してもサクラの被害に遭う可能性は否定できません。備えるという意味でも、サクラの被害に遭う前にできる対策と、いざ遭ってしまった後の対策を考えておきましょう。

・怪しいサイトに登録しない

事前対策としては、怪しいサイトに登録しないことです。

怪しいサイトというものは、いくつか共通点がありますし、運営元や代表者名などは、ネットを中心に公開されています。

出会い系サイトの評判や口コミ掲示板などでも、情報提供がありますから、そういった事前リサーチをして、そこでよく目にする怪しいサイトには登録しないことが事前対策です。

・サクラの被害に遭えば法律相談センターへ依頼

近年では、金融機関の過払い金やIT被害に関して専門に扱っているといった、特定の分野に長けた法律事務所が増えています。

もしも、被害に遭ってしまったのであれば、こういった場所に相談しましょう。そうすれば、だまされたお金を取り返すことが可能です。

会う約束しても実際には会えないという典型的なサクラ被害から、お金や権利を受け取るように申し込まれた際など、さまざまなパターンに対応してくれます。

サクラの被害については、このような意識が対策が必要になります。

出会い系サイト TOP