shutterstock_404382217-min
出会い系サイト利用で意外と多いのが、セカンドメールを送ったら、それ以降、音信不通になってしまったというパターン。

最初のアプローチには成功したと思っても、油断はできません。

セカンドメールにも、やはりコツがあります。ここではセカンドメールのポイントについて紹介します。

感謝をして相手の名を呼ぶ

セカンドメールが送れるということは、相手から、めでたくファーストメールからの返信が来たということです。

まずは相手へ、返事をくれたことに対して感謝をしましょう。

そして、可能であれば、相手のサイトネールやハンドルネームで呼びかけること。

これは好印象を抱かせるポイントであり、相手との距離が縮める効果もあります。

しかし、早めの段階から名前で呼び合うということに抵抗を持つ人もいるので、タイミングと注意が必要です。

「名前でやり取りしない?」、「名前で呼んでも良い?」と相手へ確認するのも一つの手です。

回答に対してのコメントを

返事が来たということは、自分が何かしらの質問をしてファーストメールを終わらせていることだと思います。

だとすれば、それに対して、相手の答えが書いてあるはずです。

セカンドメールでは、矢継ぎ早にまた新しい、別の質問をするのではなく、この回答に対してのコメントをするのが効果的です。

そして、その話を広げていくような質問ができれば、必然的にコミュニケーションは続くでしょう。

返信が来るコツとは?役立つメールのやり取り方法

話題を転換して別の話題を提供する

しかし努力をしても、一向に話題が広がらないケースも少なくありません。

こういった場合には、コメントをした後に広げるのではなく、話題を転換して別のネタを広げていくようにしましょう。

話題を転換した別のネタも、相手のプロフィールの中から見つけると興味を持ってもらい、また返事が来る可能性が高くなります。

出会い系サイト TOP